トップ / 賃貸物件を借りる事は

賃貸住宅の特徴について

住宅のスタイルの一つに賃貸住宅があります。これは、家賃を支払うことで住居を借りることを意味します。貸主である大家との契約によって成り立つスタイルのため、その利用には契約手続きが必要となります。一般的には不動産業者が仲介をすることで手続をスムーズに行うことになり、利用の際は仲介手数料が必要となります。そして、賃貸契約の際には家賃の他にも敷金、礼金、保険料、前家賃といった初期費用も必要となり、トータルで家賃の3~4か月分は必要になり、さらに引っ越しや家財道具の購入費用などもあるため、大きな出費となります。

不動産を貸す事の意味とは?

不動産は買ったり売ったり、借りたり貸したりできるもので、契約により、その行為が成り立っています。賃貸の意味とは借主から賃料をもらい不動産物件を貸し与えることです。契約書より当事者の役割を明確にしてあります。アパートやマンション、など不動産の所有者が賃貸人で、そこに住もうとする人が賃借人です。土地も同じで、貸す側と借りる側がいて契約が成立するわけで、分譲マンション、分譲住宅などは、これに当てはまりません。ちなみに、貸主の好意やその他の事情で、賃料なしの0円で、不動産物件を貸す場合も、これにはあてはまりません。

↑PAGE TOP

© Copyright 賃貸と一戸建ての事について. All rights reserved.